前へ
次へ

むくみなども整体治療で緩和

整体治療では、肩や腰の痛みを和らげるだけでなく、体に起こるトラブルにも強みを持ちます。
例えば、鍼灸の施術では「痔」も緩和するようです。
どうしても、血液は重力によって下肢に集まり、ポンプ機能を活性化させるために下半身の血圧が大きくなり、肛門付近がうっ血しがち、痔になりやすくなります。
同様の理由では、下肢静脈瘤であったり、足のむくみも悩みどころでしょう。
整体治療では、こうしたむくみも緩和できるのです。
また、肩凝りも治療の対象で、関係するのは「僧帽筋」という大きな筋肉なのです。
背骨の上には頭があり、支えるために常に緊張・収縮しているために肩が凝るようになります。
手を使った作業は肩凝りを加速させるようで、整体治療院に通っている多くはデスクワーク中心のお仕事をされているようです。
柔道整復師というプロにより、手技にて筋肉や神経を刺激し、凝り固まった部位を解します。
血流を促すことがポイントです。
他に、腰痛やヘルニア、そして骨格矯正という枠組みでは顎関節症なども治療対象となっています。

Page Top